タイのごんぎつね
タイ行き決定しました。
3月7日から17日までの10日間。
もうちょっといたかったけど、航空券の関係でしょうがない。
今から楽しみです。
旅慣れしている相方がいるので心強い。
既に添乗員化しています笑
久しぶりの海外。
約1年ぶりか。そんなに久しぶりじゃないな。
大学入って、行ったのがインドとグアテマラ、そしてタイ。
うーん、何か偏っている気がする。
ヨーロッパ行った方が良かったかな。でも、あんまり行く気がしないんだよね。
でも、最近カナダ行きたいな。
カナダのバンドを現地で見てみたい。
来年もお金貯めてどこか行こうかな。

あぁ、パタヤビーチが待ってるよぁ。笑い犬借りてこなきゃ。

追記。
最近またピアノに通いだしたのですが、まだペーペー
だから頭が回らないってのもだけど、曲にどうも強弱をつけられない。
いくらスラスラ弾けても強弱がないと曲の表情が表われず、上手に聞こえないらしい。
確かに、新米ってこともあるんだけど、それは結構、いやだいぶ性格によるもの
じゃないかなと思ってきた。
普段から感情の表出が乏しいから、よく言えば冷静であるから、ピアノにも
それが出ているんじゃないかなどと考えてみたわけです。
映像撮る時はそこまで気にしていなかったけど、映像にもそれが出ているのかな。
とすると、感情表現が豊かな人、例えばアメリカ人(アメリカ人と括るのは嫌だけど、
)が映画を作ればハリウッド映画のような感情の動きがわかりやすいような、
自分の主張がきっぱりしている作品ができるのかな。
必ずしもそうはいえないかな。まぁ、単なる仮定の話だからいいんだけど。
ピアノも映像も表現することは奥が深いですわ。
[PR]
by projects-ex | 2006-02-03 01:24 | ひとりごつ


<< MEMO only this moment!! >>