傘がない
井上陽水の名曲「傘がない」に次のような詞がある。

テレビでは我が国の将来の問題を
誰かが深刻な顔をしてしゃべってる
だけど問題は今日の雨、傘がない


知識人たちは深刻に社会について考えてるだろう。
しかし、日々の生活に忙しい一般人はそんなことよりも
その日をどう生きていくかが問題なのだ。

フリーターに向かって、「社会の構造が悪いから」と
言っても何の救いにもならない。フリーターは
今の生活から脱したいのだ。仕事が欲しいのだ。

障害者に向かって、「挿入だけがセックスじゃない」と
言っても何の救いにもならない。障害者は
挿入がしたいのだ。多様なセックスなんて慰めにもならない。

知識人の高みに立って物事を言っても仕方がない。
デキル者がデキナイ者に向かって発言するには大きな壁が
あることを知る必要がある。
[PR]
by projects-ex | 2007-05-23 20:38 | ひとりごつ


<< <時論>日本の改憲は時間の問題 強制わいせつ:「女児がウソ」5... >>