ある日のおもちゃ屋で
 おもちゃ屋で働いていると、やはり親子連れが多く見る。
ここ、いわきは以前にも言ったとおり、初婚年齢が低いため
若い親とその子どもが多い。私より年下の親というのも
珍しくはない。

 親子を観察していると、時より悲しい場面に遭遇する。
子どもたちの多くは就学前の幼稚園児や保育園児だ。
だから、口は達者になってくるし、行動範囲も広くなる。

自制の利かぬ子どもたちは好き放題に動き回る。
ある親はそれを制するために、平気で手を上げている。

また逆に、ある子どもは親に向かって 「うるせーよ」と連呼するが
親は注意することもなく、子どもの言いなりになっている。

おもちゃ屋の楽しい雰囲気が悲しくなる光景である。
[PR]
by projects-ex | 2007-06-11 23:55 | ひとりごつ


<< 版画で熱射病 消失 >>