<   2005年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧
報道
4.6の報道によりますと、1999年度に在職中に自殺した国家公務員は138人に上り初めて死因別の2位になったそうです。。

 死因のトップは、ガンが450人。次が自殺138人、3番目が心臓病112人でした。

 こうして見ると、自殺者は本当に多いですね。どこの職場でも、毎年多額の費用をかけ、健康診断をしたり、人間ドックを使ってガンや心臓病の早期発見に努めていますが、それならば、自殺予防のためにももっと費用をかけても良いように思います。
[PR]
by projects-ex | 2005-04-06 15:25 | ひとりごつ