<   2006年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧
外部の侵入どう防ぐ “要塞化”する学校に賛否両論
相次ぐ学校での銃撃事件で多くの親が外部の人を侵入させないよう防備策の強化を求めている。しかし、学校をとりでのようにしてしまうことに専門家たちは反対しており、意見は二分している。

 コロラド州のベイリー高校は監視カメラを備え、入退室管理、緊急事態の対応策、警備員配置などコロンバイン高校事件(1999年の銃乱射事件)から得た教訓をもとに多彩な安全対策をとっていた。それにもかかわらず、9月に学生1人が射殺される事件が起きた。

 バーモント州エセックスの小学校で妹のアリシア・シャンクス教諭を銃撃事件で失ったローリー・マレンファントさんは「磁気カードで入退室を管理していれば妹の命は守れたはず。政府機関や大企業、空港などはしっかり警備されているというのに、私たちが住んでいる場所は守られているとは思えない」と警備強化を求める。

 金属探知機、全入り口への警備員配置、防護フェンスなどを求める親もいる。ウィスコンシン州議会は教職員に校内での銃携帯を義務付ける法案を提出した。

 しかし、コロラド大・暴力追放研究センターのデルバート・エリオット所長は「5件に1件の割合で銃撃事件は建物内、しかもほとんどが生徒によって起こされている。防備を強化すれば安全というわけではない。最善の対策は学生、親、地域住民が挙動不審な人間を見つけ事件の芽を事前に摘むことだ」と主張している。(USA TODAY)

(産経新聞)
[PR]
by projects-ex | 2006-10-31 20:54 | 切り抜き
社説:学力低下 「ゆとり教育」を責める前に
「教育再生」をうたう安倍晋三・新政権発足に合わせたように、学校教育現場の問題や矛盾が相次いで露呈している。中でも必修規定を無視して大学受験を最優先させる高校の実情は、改めて学力をめぐる論議を刺激するに違いない。

 ここでまた「ゆとり教育」がやり玉に挙がろうとしている。問題の高校の校長らは「授業時間が減ったので、入試に関係のない科目をする余裕はない」と弊害を言う。著書「美しい国へ」で「ゆとり教育の弊害で落ちてしまった学力は、授業時間の増加でとりもどさなければならない」と記す首相はいっそう意を強くするだろう。

 だが、ゆとり教育排除を急ぐ前に、その精緻(せいち)な分析検証をすべきではないか。そもそも学力をどう見極めるのか。それも十分に論議されてきたとはいい難い。

 ゆとり教育の始まりは約30年前。経済成長や技術立国政策を背景に学習内容が膨れ、授業についていけない子が増える一方、知識詰め込みの弊害が指摘された。勉強嫌いを生み、また暗記中心で、自分で考えて判断し対処する力が育っていないという反省である。

 1977年の学習指導要領改訂で「ゆとりの時間」が登場し、今日まで曲折を経ながら教科学習量をスリムにする路線が続く。現在週5日制で、教科学習ではない「総合的な学習の時間」が小・中・高校の授業に組み込まれている。

 確かに各種の部分的調査は学力低下傾向を示している。だが、客観的で明快に割り切れる物差しはなかなかない。学力の定義もまちまちなうえ、判断の土台になるデータも少ないという事情もある。

 例えば、03年国際比較調査で15歳の読解力が前回の8位から14位に落ちた。これをどの程度深刻に受け止めるべきか。04年の学力調査では、新学習指導要領で学ぶ子がむしろ前の世代より高い成績を出した。どう解釈すればいいか。

 確かに、ゆとりが目覚ましい成果を上げたという実感はないし、若者の学習意欲や教養面で退行を感じる人は多いだろう。読み書き計算という最も基礎的な力が危うく、分数もできない大学生が珍しくないという指摘も深刻だ。

 ただこれが本当にゆとり教育のせいか。学校の授業を30年以上前に戻せば解消されるだろうか。

 実態を見すえよう。学力が落ちているとしても、授業を削減したことだけが原因とは思えない。価値観や少子化など社会環境、産業構造の変動といった多面的要素を踏まえ分析しないと、見えてこないものがあるのではないか。

 一律のペーパーテストに頼る調査は学力の一部しか見ない。ゆとり教育が目指した「自分で考え、解決する力」という学力はどこまでできたのか、できなかったのかも検証してほしい。それには、現場の先生たちの体験・意見集約や子供たちの追跡調査のような手間をかけた方法が必要だ。

 その必要な難儀を避け、手間を省くなら、初めから「無用」と必修科目の教科書さえ買わなかった高校と発想レベルは変わらない。

毎日新聞 2006年10月29日
[PR]
by projects-ex | 2006-10-29 22:11 | 切り抜き
子ども
子どもを産んだり、育てたりするのって大変なことだけど、
子どもから得られるものはたくさんあると思う。

と、改めて思った。

教育って責任の所在がはっきりしないところが難しいよねぇ。
[PR]
by projects-ex | 2006-10-29 16:03
茂木健一郎的生き方
茂木さんのブログから

----------------------------------------------------------------------- 
しかし、どんなに忙しくても、
絶対に「楽しい」と思い続けたい。
 それは一種の職業倫理であって、
楽しみ続けなければ、「強化学習」
による神経回路のつなぎ替えがうまく
起こらないものはもちろん、
 何よりもベストのパフォーマンスが
得られないからだ。

 スケートの清水宏保さんによると、
世界記録が出るのは、むしろ主観的には
「流している」と感じるくらいの楽しい
時だという。
 大リーグの選手が緊迫した場面で
ガムをかみながら楽しそうに打席に向かうのも
そのため。

 この日記はできるだけ「楽しそうに」
書くことにしているけれども、
 それは、実際にも楽しんでいなければ
良い精神の動きが保てず、相手に、自分に、
そして人生に失礼だと思うからである。
---------------------------------------------------------------------

茂木さん、いい事言っているし、とても共感するのだけれども
今の自分はとても楽しんでいるとは言えないなぁ。
なにせ、この日記も楽しく書いていないしな。

先日、ザ・クロマニヨンズのヒロトも
「楽しいことをしているだけ」
と言っていたな。

楽しい。
楽しくない。
楽しい。
楽しくない。
[PR]
by projects-ex | 2006-10-27 23:49 | ひとりごつ
駆け抜けて性春
星降る青い夜さ
どうか どうか声を聞かせて
この街をとびだそうか
つよくつよく抱きしめたい

わたしはまぼろしなの
あなたの夢の中にいるの
触れれば消えてしまうの
それでもわたしを抱きしめて欲しいの

つよく つよく つよく

                 (峯田和伸&YUKI)
[PR]
by projects-ex | 2006-10-27 21:45 | ひとりごつ
相変わらず暗い
<公務災害認定>女性教諭が過労自殺、両親が申請
(毎日新聞 - 10月24日 23:01)

e0026882_1285962.jpg
自殺した女性教師がノートに書き残した遺書


 仕事の過労とストレスで抑うつ状態になり、今年5月に自殺した東京都新宿区立小学校の新任女性教諭(当時23歳)の両親が24日、公務災害認定を申請した。教師の仕事量が近年増加しているとの指摘があり、精神性疾患で休職する教師も増加している。両親は「職を全うしようとしたからこそ倒れたということを証明したい」とした。

 弁護士によると、今年4月から女性教諭は小学2年(児童22人)のクラスを担任。担任業務のほか、学習指導部など複数の職務を担当。区の新任向けの研修をこなし、授業の準備やリポート提出に追われていた。土日出勤も常態化し、時間外労働が1カ月130時間を超えていたと推定されるという。

 また、4月から5月にかけて、指導方法を巡り保護者とやりとりを繰り返し、対応に悩んでいたという。しかし、1学年1クラスのため、同学年内に新任教師に対する指導担当教員がおらず、十分な指導が受けられないと周囲に漏らしていたという。

 教諭は5月に抑うつ状態と診断され、同月下旬に都内の自宅で自殺未遂を起こした。さらに同31日に自宅で自殺を図り、6月1日に死亡した。自宅に残されたノートには「無責任な私をお許しください。全(すべ)て私の無能さが原因です。家族のみんな ごめんなさい」と記されていた。

 女性教諭の両親は「教壇に立つことを夢見て、誠実さと優しさと使命感に満ちあふれた若い人材が二度と同じ道を歩むことのないことを切に望んでいます」とコメントした。

 文部科学省の04年度までの調査では、全国の公立学校教職員らの病気休職者のうち、精神性疾患数は10年間で約3倍増となっている。95年度1240人だった精神性疾患の休職者は年々増え、04年度3559人で全休職者に占める割合は56.4%となった。【吉永磨美】

 ▽両親の代理人を務める川人博弁護士の話 新任教師にとって単学級でのクラス担任の仕事は負担が大きい。また、校長などのしっかりしたサポートがなかったことが、自殺の原因とみられる。多くの教師が家庭や地域の教育力の低下により、過重労働の上にストレスを抱えている。対策を急ぐべきだ。

----------------------------------------------------------------------------
別に暗い話題ばかり取り上げているわけではないんだけど・・・
学校にいれば明るい話題だってたくさんあるはずだけど、
マスコミは他人の不幸に歓喜する動物だからしょうがないのだと思う。
[PR]
by projects-ex | 2006-10-25 10:51 | 切り抜き
続・三田文学
 以前エントリした三田文学の記事に検索エンジンから
アクセスする人が結構いる。
やっぱり、それだけ話題なんだなと思う。
これだけ反響があるのは「鬱」や「自殺」に関心をもつ人が
潜在的に多いのかな。
個人的には「鬱」状態になって薬をもらう経験はないけど、
回りに精神的病を患っている人や自ら命を絶つ人がいるので
とても切実な問題なんだよね。
[PR]
by projects-ex | 2006-10-24 21:48
Sexless relationships becoming more common among young people
Sexless relationships are becoming increasingly prominent among young couples, with 28 percent of men in their 30s having sex less than once a month, a lifestyle survey has found.

The Internet-based survey, conducted by medical-based advertising agency Dentsu, Sudler & Hennessey Inc., found that many respondents claimed stress from work, and a lack of fulfillment in their daily lives led to their sexlessness. The poll also highlighted a lack of energy among young people.

A total of 16 percent of men in their 20s were sexless, compared with 38 percent of men in their 40s, the survey found. "Sexless" is defined as having no sex or sex less than once a month.

When the respondents were asked if they had an erection when they woke up in the morning, one-quarter of men in their 20s said they never had one or had one less than once in five days, while 28 percent said they had one every three or four days.

Altogether, 10 percent of respondents thought they suffered erectile dysfunction to a level that prevented them from having satisfying sex. When asked "When did this start?" the average answer was at the age of 32.

A total of 29 percent of people in their 20s said they had "hardly any or only an occasional" interest in sex. The figure for those in their 40s was 35 percent.

When asked about their daily lives, 20 percent said they experienced an extreme amount of stress, while 65 percent said they experienced some stress. The top reasons for this stress, with multiple answers permitted, were "work or superiors" (86 percent), followed by "household and family" matters (26 percent).

Some 84 percent felt "kind of tired," while a total of 83 percent felt "irritated," 43 said they felt "like crying," and 27 percent said "I think it would be easier for other people if I died" as a feeling they sometimes, often or always had.

A total of 29 percent said they hardly ever felt good when they woke up in the morning, 23 percent hardly ever felt hope for the future, and 12 percent hardly ever felt they were a useful person.

The random sampling survey was conducted over the Internet on Sept. 23 and 24, on 500 men aged in their 20s to 40s and living in the metropolitan area. (Mainichi)


---------------------------------------------------------------------
ストレスが溢れていて、恐ろしい社会だ。
こういうときこそ、市民エリートは国家に基本的人権を
要求するために民衆を鼓舞し、動員しなければならないはずだ。

「民衆よ、勃ちあがれ!」
[PR]
by projects-ex | 2006-10-23 17:22 | 切り抜き
where the hell is MATT??
where the hell is MATT??

久しぶりに見たけどいいなぁ。
これってかっこよく踊っちゃいけないんだよなぁ。
今日の空を実に青かった。
[PR]
by projects-ex | 2006-10-21 17:09 | 映像
履歴書
*19歳女性の履歴書を見ました。

身元引受人に男の名前が書いてありました。

続柄の欄に彼氏

何か間違っていませんか。


*最近、officeでフラが流行っています。

練習させられました。フラ難しいです。

*I SCREAM! !
YOU SCREAM!!
WE ALL SCREAM!!
ICE CREAM!!!!

*MUSEが三月に来る。
 これは行かなきゃ。
[PR]
by projects-ex | 2006-10-20 20:47 | ひとりごつ