<   2006年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧
憂い
負け犬、犬死、犬畜生。

必修科目をやらない進学校生徒は
難関大学に入学し、TV局に入社、
そして、母校を批判する。
笑えるね。
[PR]
by projects-ex | 2006-11-07 17:27 | ひとりごつ
コレクト
透明少女

Himitsu Girl's Top Secret

Inuzini

半透明少女関係

祭りが歪みをつくって亜空間が生まれる感じ。

KIMOCHI

キチガイ女はめかしこむ。
あわれな男子は笑い出す。
[PR]
by projects-ex | 2006-11-04 19:23 | 映像
Walls in Front of Freelance Journalists
Freelance journalists in Japan all face considerable obstacles, but none more than a small number of dogged investigative reporters.

By Tony McNicol


How many freelance journalists are there in Japan? It's not easy to say, but almost certainly less than in many other countries. One estimate puts the number at 3000 people, and the number of journalists who make a living just from freelance work could be even fewer. There are few support organizations for freelancers, and a generally low status in Japan's company-centered society may even deter many promising freelance writers from embarking on a journalism career in the first place.
What is for sure though is that Japan's freelance journalists include a select group of resourceful and determined investigative reporters. Delving into topics that that major media organizations can't, or won't, touch they fight a continual battle against obstructive officialdom, the threat of legal action, even physical attack.

More
[PR]
by projects-ex | 2006-11-04 13:25 | 切り抜き
文化の日
 今日は、ちょっと勉強のために平の図書館へ向かった。
しかし、悲しい哉、閉まっていたので、美術館の図書室へ行った。
自習禁止だけど、人がいなけりゃいいかなと思うも、不運、
二人先客がいて、美術手帖だけ見て踵を返した。

美術手帖の今月の特集はエッシャーなので、美術館で実際見た人は
よりおもしろいかも。

仕方がないので、駅前のドトールへ。
いわきはスタバがないんです。
個性的なcafeはあるけどね。

cafeに行くと、どうも、ボーッとしてあんまり勉強できない。
隣の人の話も聞いちゃうし。

帰りに、DOPEとEL BOMBOという古着屋さんに寄ったら、
高校生ばっかで居辛かった。高校生の生のテンションって
大人と違う気がするな。今にもパンクしそうなくらい溢れているよう。
そこにいた人だけかもしれないけど。

ありふれて

すすけて

よどんで

踊り狂う

言葉遊び
[PR]
by projects-ex | 2006-11-03 21:13 | ひとりごつ
2002
Frustration in my blood

性的少女と思い出小僧は
夜に空を見上げ 三毛猫座を探す
そんなもんはない そんなもんはありはしない

狂わす真昼間 体内回路
MANZOKUできんでうろうろ
妄想都市に入り込んで
迷ってしまった 妄想都市に入り込んで迷ってしまった

桃色ぬったくった街 歩く俺らはやはり色情に支配された犬か?

Frustration in my blood

俺はかつて 酔狂人だった
今も変わらない 何か知らんがうろうろ
うろうろしたくなってくる
ぐらぐらしたくなってくる
俺は俺に似合ってた
歩く俺はやはり

Frustration in my blood

(向井秀徳)

------------
PLASTIC SUN

PLASTIC GIRL WITH PLASTIC GUN
PLASTIC SMILE UNDER PLASTIC SUN
YOU BURN MY HEART W/YR FRIGID STARE
RIP ME OFF W/YR GREASEY HAIR
I HATE YOU AND YR FISHY FRIENDS
I HATE YOU AND IT NEVER ENDS

TIRED OF THE TIMES I WOUND UP DEAD
TIRED OF THEDOGS INSIDE YR HEAD
TIRED OF THE NEEDLES BESIDE YR BED
TIRED OF THE CRAP YOU KEEP ME FED
TIRED OF THE PEOPLE YOU KEEP MISLED
YR BLOOD IS TURNING MY BLUE EYES RED
GET YR HANDS OFF MY TOMATO
CHERRY JUICE ON A ROTTEN POTATO
SUBWAY SLASHER IS ON MY ASS
STEALS MY MONEY AND SMOKES MY GRASS
WATCH YR BACK OR YR DEAD MEAT BABY
THROW THE DOG A BONE + YOU STILL GET RABIES.
-----------
(Kim Gordon)
[PR]
by projects-ex | 2006-11-02 17:21 | 切り抜き
ライフリンク
ちょくちょく覗くNPOのブログ。
元NHKディレクターの清水氏が代表。まだ若い。
クローズアップ現代を担当して、自殺問題にコミット
するようになったという。
某インターネット放送局で話を聞いたけど、
なるほどなぁと思うことが多々あった。
ライフリンク代表
[PR]
by projects-ex | 2006-11-02 00:34 | ひとりごつ
wakwak iwaki  
「みうらじゅん×峯田和伸―青春謳歌論」
明治大学和泉校舎(東京都杉並区永福1-9-1)
6番教室(最大収容人数1000人)

開 催 日:2006年11月3日(金)
開催時刻: 開場12:30(予定) 開演13:00(予定)
  13:00~ 映画『アイデン&ティティ』上映会
  15:10~ みうらじゅん×峯田和伸講演
  終了予定時刻:17:00~17:30
内容:映画『アイデン&ティティ』の上映、トークライブ、質問コーナー、弾き語りなどを予定。

-------------------------------------------------------------

これは魅力的な企画だ。
以前、田口トモロヲ×みうらじゅん×峯田和伸鼎談のような企画を
新宿ロフトプラスワンでやった気がするが、大学のキャンパスで二人が
揃うのもまた変わった自由な雰囲気でトークが弾みそうだ。
弟の先輩が行くらしい。とても羨ましい。

また、『アイデン&ティティ』見ようかな。
2003年の作品だから、もう3年前か。
03年は夏のsummersonicに始まり、冬はカウントダウンJAPANと
いろいろライブに行ったな。
『アイデン&ティティ』や『恋の門』のエキストラにも参加したし、
アクティブに生きていたな。というか遊びすぎか。インド旅行したり。

来年はsummersonic&fujirock行きたいなぁ。
バンド観るためにあくせく動き回るよりはハイネケンでも
飲んで、まったり音楽を聴きたい。そんなお年頃。
しかし、高いお金払って来ているので、元を取らねばと
貧乏根性が騒いでしまう悲しい性。
たとえリッチだとしても、たぶんのんびりできない。
心はリッチじゃなくて、エッチ・・・・じゃなくて、おセンチ・・・・・じゃなくて
ミッチーサッチーのように図々しいのだ。

おっと、また机に向かわないと。


バイバイ、ベイベー

ミッチーでした。
[PR]
by projects-ex | 2006-11-01 23:26 | ひとりごつ