<   2006年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧
畳の部屋
布団で生まれて、布団で死んだ。
障子から見える朝は、白く濁っていた。
微かな青光が目に滲み、
黒いサカキが神々しく生えていた。
波打つ天井を眺めながら、
モールス信号を聞く。
どうやら、今日は晴れのようだ。
皮脂を失った指紋は廃墟と化した巨大迷路か。
今朝の夢もまた布団だった。
[PR]
by projects-ex | 2006-12-31 03:03 | 小林珈連
虐待死最悪ペース 検挙も3年連続増 大半3歳以下
12月30日8時0分配信 産経新聞


 警察庁によると、児童虐待防止法が施行された平成12年、94件だった児童虐待事件の検挙件数(上半期)は、15年まで減少した後、16年から3年連続で増加、今年は120件となった。虐待され続けた子供が死に至るケースも26件に上り、いずれの数値も12年以後、最悪ペースで推移した。

 

More
[PR]
by projects-ex | 2006-12-30 15:06 | 切り抜き
同性婚拡大と日本 (JapanGayNews(ゲイの最新ニュース)#1056)
 今年も世界各地で同性婚やシビル・ユニオン認可へ向けての動きがめまぐるしい年となった。
 チェコやスロベニア、メキシコ市などで同性カップルの権利を保護する法律が策定されるなど、西ヨーロッパ以外の国や地域へ広がっているのが印象的だ。
 一方、ヨーロッパ内でも、同性婚に対する市民の態度は国によって大きな開きがある。同性婚を認めるべきと考えている人は、オランダで82%、スウェーデンで71%、デンマークで69%、ベルギーで61%にのぼる。一方、ルーマニアでは11%、ラトビアで12%と東ヨーロッパでは低くなっている。
 アジアでは、台湾において、同性カップルの認知をめぐって政治的な場面で議論がされるようになった。
 日本では、今年、大阪市が市庁舎で同性カップルも含めた非婚カップルを祝福するプランを提出することがあったが、まだまだ政治的課題としては認識されていない。ゲイやレズビアン自身が、政治家に向けてこの問題を積極的にアピールし、かつ、同性カップルの法的保護への関心がある政治家を応援するという動きが大きくならなければ、制度化へ向けてなかなか進展しないだろう。
[PR]
by projects-ex | 2006-12-30 12:03 | 切り抜き
赤いくつ
「くつ、ちょうだい」
「おねがい、くつ、ちょうだい」
「いい子にするから、ちょうだい」
「おねえちゃんにあげるの」
「ね、いいでしょ」
「おねえちゃん、お外に連れてってくれるのに」
「おえねちゃん、お父さんの部屋から出てくると
遊んでくれないの」
[PR]
by projects-ex | 2006-12-29 22:36 | 小林珈連
バカに釣られるバカ
東原というバカな若い女タレントが、テレビで
「今の若者は我慢ができないと言われる。
昔の人は戦争体験したり、今の人より大変
だったんだから、もっと昔の人の話を聞いた
ほうがいいし、聞かせて欲しい」

言わされたのか、自分で言ったのか
わからないけど、どうして、今の人のつらさと
昔の人のつらさを比べられるのか、わからない。
今の人の悩みっていうのは、そんなに昔の人と
比べてたいしたものでないのか。
[PR]
by projects-ex | 2006-12-29 20:53 | ひとりごつ
仏憲法「死刑廃止」明記へ シラク大統領、新年に提案
12月29日8時0分配信 産経新聞


 【パリ=山口昌子】仏ルモンド紙が27日発行で報じたところによると、シラク仏大統領は「死刑廃止」を憲法に盛り込むことを考えており、1月3日の新年の賀詞交換会の席上の演説で提案する。

 

More
[PR]
by projects-ex | 2006-12-29 17:14 | 切り抜き
ゆるりゆるり
思い出してみる。
ビー玉の冷たい感触を。
半透明な光の感触を。
砂利が足に突き刺さる感覚を。
高速道路の橙色の光を。

思い出してみる。
砂にうもれる素足の感触を。
夏にのんだ麦茶のにおいを。
変哲もない道路のかげろうを。
引越し先の真新しい畳のにおいを。
[PR]
by projects-ex | 2006-12-25 22:50 | 小林珈連
小学校の歌。
愛国行進曲

見よ東海の空あけて
旭日高く輝けば
天地の正気溌剌と
希望は踊る大八島
おお晴朗の朝雲に
そびゆる富士の姿こそ
金おう無欠ゆるぎなく
わが日本の誇りなれ

たて一系の大君を
光と永久に戴きて
臣民我ら皆共に
みいつにそわん大使命
ゆけ八紘をいえとなし
四海の人を導きて
正しき平和うちたてん
理想は花と咲き薫る

作詞: 森川幸雄
作曲: 瀬戸口藤吉
唄: 灰田勝彦

こんなのが歌われたりするのかな。
くわばらくわばら。
[PR]
by projects-ex | 2006-12-24 17:16 | 切り抜き
こんにちは、奥様。
スナップの歌詞には
小さな幸せ感謝しよう。
エグゼキルの歌詞には
近道より遠回りの方がいいよ。
その他大勢の歌詞には
好き愛してる寂しい。
それよりも、
奥様は外で火遊び
旦那も外で火遊び
子供も外で火遊び
NHK滋賀支局員も火遊び
くまえりも火遊び
これを聴いてるあなたも火遊び
そして俺はお前に火をつけるぜ。
なんて方がおもしろいな。
[PR]
by projects-ex | 2006-12-23 21:17 | ひとりごつ
別れ道
くらい、くらーい通り道。
電信柱が歩いてる。
ねずみはお尻を隠してる。
ふたを忘れたゴミばこが笑ってる。

くらい、くらーい通り道。
子連れの猫はいそいそと。
のっぺらい雲はしゅーしゅーと。
コーヒー売り場はメラメラと。
[PR]
by projects-ex | 2006-12-22 22:55 | 小林珈連